Real estate

必要な施設

駐車場はパーキングとも呼ばれ、車を持つ者にとっては運転する限り必要な施設となっています。 自家用車はもちろんのこと企業の車両もこれを利用し、自家用車の場合には自宅に車庫が無い場合には附近の月極のものを利用したり、共同住宅に住まう場合にも専用の場所へ駐車するようになっています。 都会においては路上は駐車禁止になっていますので平面駐車場や立体駐車場、あるいはコインパーキングに停めることになります。 地上にスペースが不足することもあって公共のものでは地下に設けられる場合も多く見られ、ショッピング施設においては屋上に設けられる場合も多く見られます。 地方においてはすべてが自動化された無人のパーキングも設置されるケースがあります。

駐車場は用事を足すのになるべく近い位置にあるほど利用がしやすいものです。ショッピングセンターなどでは屋上や地下、立体、平面などの形で設けられていて、これらはあらかじめ予想駐車台数が見込まれて工事が成される場合も多いと思われます。 立体駐車場は土地が一定以上の広さが確保できない場合に駐車台数を確保するように工事がなされ、時にはツインタワーのものも見られ、これも買い物では短時間の利用料金も安いので利用されることも多いものです。 平面のものは広い場所を必要としますが、駐車しやすいので人気があるようです。管理者が必要ですが工事も舗装する程度で済みますので安価で出来ます。 地方の無人のものはロボット式で入場時と退場時にカードをマシンに挿入するだけで必要な料金の精算が出来、対面での手間が省けるので、工事もこの部分に多少お金がかかりますが便利なものです。