Real estate

リロケーションの魅力

海外赴任をする際に受けられるサポート

借地借家法の改正により定期借家権が導入されたことで、リロケーションサービスを気軽に利用できるようになりました。マイホームを建築後に会社から海外赴任の辞令が下りてしまった場合、売却するのは勿体ないですし数年後には帰宅して住める可能性があります。その場合に、一時的に有料で家を貸しておくことがリロケーションなのですが、最近では海外赴任を行う際にトータルサービスを提供してもらえるプランがあります。 たとえば納税管理人として代行してもらったり、赴任前に必要な予防接種を受けられる医療機関を紹介してもらえたりします。その他、海外での新生活に必要な家電の準備や航空券の予約までサポートしてもらえるプランが現在のリロケーションにおけるトレンドです。

リロケーションサービスを提供する専門業者や不動産会社

リロケーションサービスを提供しているのは、リロケーションに特化した専門業者や不動産会社です。海外赴任の事例を数多くサポートしているリロケーションサービスの会社であれば、渡航に必要な手続きなどを総合的にアドバイスしてもらえます。 不動産会社であれば、一般の賃貸物件と同様あらゆる手段で借り手を見つけてもらえるとともに、不動産管理を専門としているのでアパートやマンションのように物件管理をしてくれます。ただし、マイホームとして建てた住居はもともと貸し出すことを前提としていない住居構造ですし、所有者が急遽帰国をすることになるケースもありますので、リロケーションサービスという特殊な賃貸運営を経験したことがある不動産会社に任せます。